アレサンビャエン・オべウィンプ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

アレサンビャエン・オべウィンプは、トルポス中央のハクワサ大陸北方に位置する風水士国家エイチェルの政治家、軍人。レプタンス家の宮宰。シュト家の内管領。ラルカーン以後のエイチェルにおいて、パラレルディーと並ぶ巨人である。

概要

ジーラ・レミ出身であり、ジーラ・レミ出身では史上最高の風水士の一人である。彼がシュト家に仕官するまでは紆余曲折あった。

彼のほぼ同世代には、ネクスト・グライといわれた天才パラレルディーがいた。パラレルディーは、エイチェルのエリート出身であり、エイチェルの未来と称されていたが、エイチェルの主役となったのはオベウィンプであった。

彼は風水士としては規格外ともいえる魔力を持っており、エイチェルに衝撃をあたえ、レプタンス家の宮宰となり、国政を担った。