アショデ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

アショデは、風水士国家エイチェルの政治家、軍人。リダトン家の将軍。初期のエイチェルを代表する偉人である。いにしえの血と怒りという呼び名がある。

概要

初期のエイチェルを代表する偉人である。特に偉大な功績として、ハクワサを席巻したメラレム帝国のベール大王からの侵略を防いだことであろう。堅牢な都市防護体制と、厳しい環境を利用した彼の対抗策は風水士の矜持を示すものであった。

いにしえの血と怒りの呼び名からもあるように、彼は非常に苛烈な戦術を用いる人物であり、それは犠牲もいとわないものであった。また彼自身も非常に苛烈な人物であった。しかし、その情熱のすさまじさが、エイチェルの国防に極めて歴史的な役割を果たした。

後代の偉人ロウリリールが登場するまで、エイチェル最大の人物とされていた。

上記のように非常に苛烈かつエキセントリックな人物で、数々の血も交えた逸話も多い。また、風水術の訓練に舞を取りれるなど突飛な感性を持った人物でもあったが、これらのことは国民からは愛された。