アオハルス

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

アオハルスは、六顕の宗教指導者である。ボスと称される、六顕を代表する重鎮として世界的に知られる偉人である。

概要

若者の繊細さの表現者として頭角を現したが、やがてより社会的なテーマを織り込む事によって、労働者や若者を代弁する存在となった。

自らが目指す音楽について、「ラディアンのような思想を、ルペーターのような言葉に乗せて、ローオのように演じたかった」と述べている。

エルスに憧れて宗教者を目指すようになると、その才能は絶賛され、若い頃には第二のラディアンと称されるなど注目をされたが、彼自身はあくまでエルスのような激しさを持っており、この時期はギャップに苦しんだ。彼の処女思想書である「光で目もくらみ」は全く注目されることはなかった。

2つ目の思想書は評判となり、また地道な活動も実りはじめ、思弁性と宗教指導者としての実力・人気ともに伴うようになってきた。

そして「生まれた十字路」によってその決定的な存在を示すようになった。