アイル・キッド

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

アイル・キッドは、宝封の実業家である。13歳で、新興事業「地耳」で注目を集めた。それは、彼女が事業や社会活動で協力している兄によって師事されました。以降彼女は最も注目を集める事業家となりました。

概要

彼女の影響は、ナドアストロ・フォートナンイトー・アアといった宝封のではなく四聖などの論教からのものが多くを占めており、それが宝封において彼女を特別たらしめたものでもあります。

多くの賞賛を集めた彼女は、主にだぶだぶで特大の大規模事業に関連しています。キッドは、志向を頻繁に染めたことが、毛包と不必要なストレスを引き起こした可能性があると述べています。しかし、それこそが彼女の影響力を世界的に高めました。

彼女は「多くの人と本当に違う」ように努め、他の人が行うものとは反対のことをしています。キッドは「印象に残る」ことを目指して、「人々が思っているよりも重要であることを人々に証明した」と述べ、「ちょっと威圧的なので、人々は耳を傾ける」ことを好みます。

彼女の行動は「空気のような」「ささやき」であり、「男性的で不明瞭であり、薄めて葦の声を出すことができる」といわれいている。彼女のブランドは「[ポップ] がどのように無定形になったかを思い出させてくれる」といわれている。

彼女「物事を完全に作り上げてキャラクターになるのが好き」で、「本当に架空の事業を持っている」と述べています。